「翠の会」作品展示


【かたつむり】
植ゑ終へて走りて戻る喜雨の中 中島祥子句画


【紫陽花】
近き木に来て郭公の三声ほど 高浜虚子句 倉林三枝子画


【沢蟹】
小わっぱの舟に棹さす浮巣かな 富安風生句 多胡陽子画


【芋の葉】
芋の露まろまろと天ありにけり 大串章句 松井忍画




「「翠の会」作品展示」への4件のフィードバック

  1.  新年おめでとうございます。
          今年も宜しくお願いいたします。
    しばらく振りの「作品展示」拝見し、お題と共に句とその作者、俳画の
    生徒さんの氏名が添えられていたので、大変見やすくて良いですね。
     又、題材も広くてそれぞれの季節感や想いが伝わってきました。

    1. 生徒さんとは言え、俳句では先輩の方々ばかりです。ご自分の俳句にご自分で画を付ける…これは一番の醍醐味ですね。松原さんのように旦那様の句に奥様の画という合作も。これも楽しいコラボです。
      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  2.  こんにちは。 生徒さんの作品と云う事で拝見しました。
    雅号で自作句の作品もあり、皆さんとても上手ですね。
    色使いもきれいで、のびやかで、きっと楽しんで描かれて
    いるのでしょう。
     「展示場」これからも楽しみです。

    1. 生徒さんとはもはや言えない力作に出会えるコーナーです。翠祥とはまた違った俳画を味わってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください