俳画と俳句

 

俳画とは絵の五七五、句は必ずしも入れなくても俳画は成り立つ
というのが私の持論ですが、俳句との付かず離れずの取り合わせを
考えるのも楽しいものです
今年は名句に画を付けてみたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

【八坂神社より】
くれないの袂かかへる初詣  石原八束

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【芸妓さん】
御降りといへる言葉も美しく   高野 素十
(御降りとは三が日に降る雨や雪)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【雪の清水】
寒紅の濃き唇を開かざり   富安 風生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【芸妓】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【琴】
弾初の曲ひそやかにしぐるる夜   鷲谷 七菜子

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.