古都の桜

 

古都の桜、とりわけ京都の桜はかつて学生だった頃に
眺めた記憶と相まって、華やぎと懐旧の念を感じます。

朝桜、春昼の桜、宵の桜…それぞれ描き分けられず
俳句に頼らせていただきました。まだまだな自分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅衣はた花衣恋衣 落合水尾句

 

 

 

 

 

 

 

 

咲き満ちてこぼるる花もなかりけり 高浜虚子

 

 

 

 

 

 

 

春の月一重の雲にかくれけり 正岡子規

 

 

 

 

 

 

 

花人となりて華やぐ旅の日も 稲畑汀子句

 

 

 

 

 

 

 

一二片散りてときには花吹雪 山口波津女句

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です