立春大吉


今月は、句の脇に私感を添えてみました。


【オートバイ】
オートバイ内股で締め春満月  正木ゆう子句
私も乗っておりました、オートバイ。VT250F…。昔むかしの話しです。


【関東の桜餅】
折りあげて一つは淋し紙雛  三橋鷹女句
自分の為に飾る雛はなんとなく華やぎながらも淋しさがあります。
桜餅も甘くてなんだかしょっぱいのです。


【カップラーメン】
受験子を今は見守るほかはなく  稲畑汀子句
朝のドラマではないですが、受験生の夜食といえば
ラーメンという時代がありました…。


【犬】
下萌えぬ人間それに従いぬ  星野立子句
自然には逆らえません。
まして今の時代はワンちゃんやネコちゃんにも…!?


【猫柳】
残りしか残されいしか春の鴨  岡本眸句
連れ合いに先立たれた気持ちと残る鴨と…。
そんな気持ちを湖畔の猫柳が慰めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください